FC2ブログ

蒼-souiki-域

日々是好日…口実だったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の誕生石のトルマリン(Tourmaline)

10月の誕生石のトルマリン(Tourmaline)
鉱物名 トルマリン(電気石) モース硬度7-7.5 耐久性 普通
屈折率 1.62-1.64 比重 3.06
由来
トルマリンはスリランカのシンハリ語でトルマリ(いろいろな色の意)からと、セイロン語のトルマリ(電気性があると言う意味)からきているとされます
和名を電気石と呼び、常に静電気を帯びているからその名が付いてます
これはトルマリンの結晶自体に稀な構造(極性結晶体)を持っており、その構造がマイナスイオンを半永久的に発し続ける仕組みになっています
熱を加えることによって構造のプラス電極が大気中の成分を取り込み、マイナスイオンを発生される不思議な宝石です
10月の誕生石で象徴は心中の幸福、安泰、忍耐。

色合い
トルマリンは多くの色合いを持ち、もっともポピュラーな色は、緑色のトルマリンです。(普通トルマリンと指すとグリーン色です。)
華やかな色彩のトルマリンも人気があります。
数多くの色合いがあり無色から、赤、黄、緑、青、紫、褐色、黒、 その他にもスター効果、キャッツアイ効果、変色効果、同じ石の中で他の色と分かれているバイカラー 、原石の外周がグリーンで内部がピンクになっている ウォーターメロン(スイカ色)などもあります。
トルマリンには無い色が無いと言われるほど多色な宝石です

もっとも価値が高い物は鮮やかなブルーの色合いのパライバ・トルマリンです。
宝石の色は多種多様ですが、パライバトルマリンの鮮やかなブルー(グリーン)の 青い輝きは非常に個性的です。
(現在は鉱山から殆ど取れないのか、殆ど出回ってません。出回っても品質が悪くて値が高いのが多いです)
真っ赤なトルマリンはルベライトと呼ばれこちらも価値があります。
パライバが人気になる前はルベライトがもっとも価値がありました。
ちょっとまとめてみると・・
t0.jpg

カラー(効果) 宝石名 写真
赤 ルベライト ○rr02.jpg

青 インディゴ・トルマリン ×
紫 シベライト・トルマリン ×
緑 クロム(ベルデライト)・トルマリン ○ ● □ ■
黒 ショール・トルマリン ×
褐色 ドラバイト・トルマリン ×
ピンク ピンク・トルマリン ○ ●pt01.jpg

黄色 イエロー・トルマリン ○ ●it01.jpg

無色 アクロライト・トルマリン ×
キャッツアイ トルマリン・キャッツアイ ×
バイカラー バイカラー・トルマリン ○bt01.jpg

ウォーターメロン ウォーターメロン・トルマリン ×
スター スター・トルマリン ×
蛍光色の水(緑)色 パライバ・トルマリン ×
多彩な色 トルマリン ○
原石 トルマリン ○
×の所は撮したら順次写真を追加していきます。
石に傷が入っているのがありますが、そのトルマリンは昔の純天然のトルマリンです。
今のトルマリンは傷が入ってないのが多いですが、それはエンハンスト処理されたもので
(他にも色はあるけど勉強不足のため不明(^^;

備考
電気石と言われるゆえんはトルマリンが静電気を発しやすい性質を持っている事です
電気を通すと言っても非常に微力な電気(0.6ミリアンペア)ですからビリビリと痺れることはありません
また 冬の季節にやっかいな静電気もトルマリンの電気で和らげる事が出来るとされています
さらに熱を持つと磁石のように小さな紙や埃などを引きつける性質を持っています。
最初にこの不思議な石に気付いたのはアステルダムの宝石研磨技師達で、石に灰が吸い付けられるのを見て「灰を引きつける石」と呼んでいました。
電気石と名を付けたのはリンネ博士だそうです

微量ながら常時マイナスイオンを放出する為、近年はいろいろな物に応用されています
原石を粉末状にしても効果は変わらないためプラスチックと混ぜ、プラスチックの容器などよく見かけます。
他にも布団とかマクラ、靴下とかいっぱいあるみたいです。
これらに使っているトルマリンは宝石用のトルマリンではなく、宝石としては価値が無い鉱物を粉末化したり、原石のまま売っています。 このように宝石にならないトルマリンも使えるため 需要はこれからも伸びていくかも知れませんね。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://souyoda.blog5.fc2.com/tb.php/3716-365ae94d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。