FC2ブログ

蒼-souiki-域

日々是好日…口実だったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の誕生石のオパール(Opal)

鉱物名 オパール 硬度6 耐久性 低い
屈折率 1.37-1.47 比重 2.10

由来
古代ローマの博物誌「プリニウス」に出てくるオパルス=オパール
このオパルスの紹介にこの一説があります。
「もっとも貴重な宝石の素晴らしい性質を持ち合わせ、それは他のどの宝石よりまして優れている。カーバンクルより柔らかい炎(焔)と、アメジストの紫色の輝き、エメラルドの海ような緑色が絶妙に調和していて、その新鮮な色はアルメニウムと知られる絵の具に似ている」と賛辞を贈っています。

別名「キューピット・ストーン」とも言い愛と希望の石とされています
ギリシア神話の愛と豊穣の女神アフロディーナの息子エロス(キューピット)が放つ愛の矢のように、光り輝く宝石で、愛の象徴だそうです
古代ギリシアでは、未来を予言する石とされ、この石が輝くときは幸せを曇るときは不吉を暗示したようです。
この不吉を暗示する由来だけが長年信じられ、18世紀頃も不吉を暗示する石として敬遠されてしまったようです
実際 加工するときに割れやすいのでその辺りからきたのかも知れません。

10月の誕生石で心中の幸福、安泰、忍耐を、さそり座の宝石(誕生日10/24~11/22)でもあります。

色合い
オパールの色合いは、雨の後のような虹のような色合いに例えられます。
動かしたり、傾けたりすると様々な色合いを見せます。
(例:オパール写真は同じグループ内では全て同じ石です)
これをプレーオブカラー(遊色効果)と言います
オパールは他の宝石と違って結晶自体が非結晶です。 また 石の中に水分が5~10%含まれているため、光を当てると入射した光が分散し、無数の光線群がお互いに影響し合って素晴らしい色合いを見せるのです。

オパールは中に水分が含まれているので、水分が蒸発してしまうとひび割れてきてしまうので何百年とは同じ輝きは放たないようです。
コメント
オパールの種類は大まかに分けて4種類あります。
ホワイト(オーストラリア)オパール 一般的にオパールと言われている物です。色合いは白~無地に近い石です。オパールに別の鉱石が付いているとボルダーオパールになります。
ウォーターオパール 透明なオパールがウォーターオパールです。
メキシコ・オパール 燃えるような赤い石に色彩が出ている石です。ファイヤー・オパールと呼ばれる遊色効果が無いオレンジ色のオパールもこの部類です
ブラック・オパール 緑~青の石に遊色効果が出ている物がブラック・オパールです。オパール類でもっとも価値が高い石です
オパールを判断するには色の鮮やかさ、色の強さ、輝く色、 赤の色きが入った方が高いと言われていますが、 オーパルの全体の輝きで判断した方が良いでしょう
濁っているの物は、色が多くても価値は低いです
輝きと色この調和の見事さが、オパールの価値を高めているので総合評価で選びましょう。

ダブレット・オパール、トリプレット・オパールこの名前の付くオパールは実は張り合わせた処理石です。
裏表に本物のオパールを使っているものもありますが、人為的な加工をした宝石なので価値は低いです。
リングなどになっていると張り合わせ部分が見えずに素人さんでは分かり難いので気を付けた方が良いでしょう。

宝飾の歴史の処理石から抜粋
オパールと他の鉱物を重ね合わしたダブレットが有名だ。
ちなみに2枚の張り合わせでダブレット、三枚の張り合わせだとトリプレットと表現される。
(以前に高島屋でオパールの処理石を天然と表現して売ってたのが問題になったような・・)
さらにオパールに砂糖を入れてグツグツ煮るとブラックオパールみたいな黒い色合いなるらしい。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://souyoda.blog5.fc2.com/tb.php/3710-36e0f820
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。