FC2ブログ

蒼-souiki-域

日々是好日…口実だったり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の誕生石のサファイア(SAPPHIRE)

9月の誕生石のサファイア(SAPPHIRE)


鉱物名 コランダム(鋼玉石) モース硬度9  耐久性 高い
屈折率 1.762-1.770 比重 4・00

shsi02_201509021722544d7.jpg
10年前くらいに-sold-out-

由来

サファイアはギリシア語で青を意味するサファイロスからきた言葉です。
神秘性を深く秘めた青は清浄の色、また国王の象徴として人々の心を惹きつけ人気の高い宝石です。
サファイアのブルーは、秋の空のように澄んだ青なので世界中で秋の宝石といわれています。
旧約聖書ではブルーサファイアの透明さを”天体のよう”と表現してます。

また、サファイアは、誠実、真実の愛、貞操を試す石でもあるとされます。
フランス革命の頃のオルレアン公所有の指輪が有名で、女性の不貞を察すると青が紫になるというので美しすぎる恋人の指にはめさせました。
モーゼの十戒もサファイアの板に”汝不貞をするなかれ”の一文があったらしいです。

9月の誕生石で、賢明、誠実、真理の言葉を持つ 牡牛座の宝石でもある

色合い

赤以外のコランダムをサファイアと呼びます。一般的にサファイアを指すのは秋空の澄んだ青で、 その他にも数多くの色が有り、ホワイト(透明)、バイオレット、ゴールデン、グリーン、ピンク、そしてピンクがかったオレンジ色のパパラチアと呼ばれる稀少価値の高い物などと多くあります。

青い色でも、かすかに紫がかった濃いブルーは、カシミールサファイアと呼ばれます。
またコーンフラワーブルー(矢車草色)と言われ、若干白みがかった優しい感じの何とも言えない柔らかなブルーらしく、欧州ではヴェルヴェルティー・ブルーと表現されるらしいです。
パパラチャはサンスクリット語で蓮の花を意味し、スリランカ産のオレンジ色をかすかに含んだ蓮の花のピンクに似た色彩で、独特の美しさを持ったサファイアです。
キング・オブ・サファイアと名誉ある名前を冠され価値のある宝石です。

備考

キリスト教では、神がこの石に知恵の力を与えたとされます。
司教達は、サファイア入りの指をはめ、聖なる祝福を信者に与えました。
英国王室では、戴冠式用の指輪がブルーサファイア入り、サファイア石の上に十字が飾られ指輪を右手にはめて、王は国を守ることを神に誓うらしいです。

コメント

最高級のサファイアとされるカシミールサファイアは、美しいブルーの底から朝もやがたちこめるようなにぶい乳白色の光沢を放つ”ヘイジイ”という現象をともないます。
豊かなロイアルブルーと表現されるビルマサファイアも良品質とされます。
ブルー以外の色で、ピンク、イエロー、パープル、イエローなどをファンシーサファイアといいます。 ゴールデンイエロー、ピンク色のサファイアも人気の高い石です。グリーン色のサファイアもあるそうです。

その他にも自然光と人工光で輝きが異なる石もあり、それらはカラーチェンジサファイアと呼ばれます 。
ルビーと同じコランダム系なので、スター効果も現れます。
スターサファイアの線は、運命、信頼、希望を示すとされ、大切にされてきました。
古来東洋でもこの石を見たら幸運に恵まれると信じられていたそうです。
高品質のスターサファイアはスリランカで採れます。
日本では岐阜県、福島県、福岡、長崎でも採取できますが色や品質が悪いそうです。
有名な宝石

ブルー・ジャイアント・オブ・ジ・オリエント:スリランカ産の世界一大きなブルー・サファイア。重量486カラット。日本で個人の所有。

スター・オブ・インディアン:スリランカ産のブルー・スター・サファイア。はっきりスターが出るスターサファイアとしては世界最大。563カラット。アメリカ自然博物館展示。

ヘッズ・オブ・ザ・プレジデンス:オーストラリアで発見された四つのスターサファイアにアメリカ大統領の頭像を彫刻したスターサファイア。詳しくは下参照。
<リンカーン・サファイア>:ブラック・スター・サファイア・1318カラット
<アイゼンハワー・サファイア>:ブラック・スター・サファイア・1444カラット
<ジェニファーソン・サファイア>:ブルー・スター・サファイア・1381カラット
<ワシントン・サファイア>:ブルー・スター・サファイア・1056カラット

真偽が確かでない伝説上の宝石としては・・

シャルルマーニュの護身符:このサファイアは、淡い空色をしたもので、カボションカットをした二つのサファイアを正面の美しさを出すために背中合わせにして使い、木の十字架にはめ込んだものでした。
これはナポレオンの妃・ジョセフェイーヌの戴冠式に用いられたのち英国に渡り、エドワード一世の持ち物になりましたが、王はこれを身につけていると全てが安穏にゆくと信じ常に身につけていたとされます。

手入れ

ダイアモンドに次いで硬度が高く頑丈です。
通常は、布などで乾拭きする。歯ブラシや、中性洗剤でも良い超音波洗浄も良いと、耐久性にも優れているのも人気の一つです。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://souyoda.blog5.fc2.com/tb.php/3693-8380a540
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。